〒130-0021
東京都墨田区緑1-2-10

日本語教育能力検定試験 対策講座

令和3年度の日本語教育能力検定試験のカウントダウンを始めました!

「令和3年度10月24日」を当日と設定しておりますが、現時点ではJEESが発表しておりませんので、目安としてお使いください。

検定試験当日の朝9時まで↓↓

Days
Hours

日本語教育能力検定試験に向けた練習問題を公開しています(こちらは無料です)

学校法人朝日学園日本語教師養成科Facebookページでは定期的にオリジナル問題&解説を投稿しています。

繰り返し練習したい方はGoogleフォームでの挑戦が可能です。

※匿名、問題シャッフル、選択肢シャッフル

問題を解くだけではなく、一緒に勉強しませんか?

日本語教育能力検定試験の合格に向けて、みなさんはどのような勉強方法を選択していますか。

勉強は独学でできる部分と、自分の考えの及ばない部分で、みなで話し合いながら勉強する部分があります。

一人では解けない。解説を読んでもわからない。過去問には解説がついていない!などと、頭を抱えることもあると思います。

 

東京明生日本語学院および明生情報ビジネス専門学校では、日本語教育能力検定試験に向けた対策講座を行っています。

独学では理解しにくい部分も、講師や他の受講者とともに解いていくと、不思議と解決するものです。

よろしければご一考ください。皆様とお会いできますことを心よりお待ちしております。

明生の検定試験対策講座の特徴

授業は夕方

授業が夕方からなので、仕事帰りや学校帰りの方でも安心してコースを、受講する事ができます。
Click Here

選べる受講場所

コースは、両国、新松戸の2箇所にて受講が可能です。1回目は両国、2回目は新松戸というようにどちらでも授業を受講する事が可能です。※事前にご相談して下さい。
Click Here

試験Ⅲ記述問題に強い

試験では、どんなテーマが記述問題になりそうかを十分に分析して授業にて練習していきます。記述問題が苦手な方にこそ、おすすめです。
Click Here

短期集中型

8,9、10月の試験前直前3ヵ月コースなので、検定試験に必要な部分だけに特化して勉強できます。短期集中で合格を目指します。

試験Ⅱ・音声学に強い

音声学専門のスペシャリストが現在4名います。各講師が十分な知識を持っているので、試験対策も万全です。
Click Here

少人数制

少ない人数で、効率的に集中して勉強できます。

必要な勉強を、必要な分だけ!

試験Ⅰはどうにかなるけど、試験Ⅱは独学では難しい、という方でも問題ありません。当校の検定対策講座は受講生の必要な部分だけを勉強していただけるようコースが選べるようになっています。
Click Here

支払期限に融通が利きます

お支払いは振込での対応となります。受講する1週間前まで対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。
Click Here

検定対策講座の料金

一般の方の料金と、カッコ( )内に明生関係者の料金を下記に記載しております。

  • 試験Ⅰ・Ⅲコース(全12回)
    試験Ⅰ・Ⅲコース(全12回) 40,800円(20,400円)

    試験Ⅰは理論的なことなので、独学が可能だと思います。明生の対策講座は独学で少しカバーしきれなかった部分や、傾向と対策を踏まえた授業を行います。また、試験Ⅲは明生の現役講師としても活躍する先生方も交えた授業を行いますので、現場の声も聴くことが可能です。

  • 音声学+試験Ⅱコース(全6回)
    音声学+試験Ⅱコース(全6回) 20,400円(10,200円)

    聴解は独学ではなかなか伸びない部分です。それは音声学という多くの人が苦手とする学問と、「慣れ」が必要な分野だからです。音声学に関しては明生は講師陣が特に充実しており、みなさんに好評をいただいております。

  • 記述コース(全3回)
    記述コース(全3回) 10,200円(5,100円)

    記述(作文)は、日本語教育業界において、特にホットな話題が問題に出る部分です。試験Ⅲの時間内に、この記述も含まれているので時間配分や傾向と対策も含め、皆さんにお伝えしていきたいと思います。

  • 模擬試験コース(全3回)
    模擬試験コース(全3回) 10,200円(5,100円)

    日本語教育能力検定試験の過去問から、今年度出るであろう問題に並び替えと編集を加えた、明生オリジナル予想問題です。1回目と2回目に試験をしていただき、3回目に解説を行う3回セットとなります。

  • まるまるコース(全24回) 81,600円 (40,800円)

    上記すべてのコースを受けたい方へ。

※一般の方:どなたでも受講可能です。

※明生関係者の方:学校法人朝日学園の有する日本語教師養成科を受講中または修了された方

日本語教育能力検定試験の中身について

試験Ⅰ

基礎的な問題が多いのが試験Ⅰです。その年その年によって新たな専門用語が出てきて覚えきれない!と思うかもしれませんが、関連させながら覚えていけば意外とできるものです。その年その年の傾向さえつかめば、あとは問題なくできると思います。

試験Ⅱ

基礎的な問題が多いのが試験Ⅰです。その年その年によって新たな専門用語が出てきて覚えきれない!と思うかもしれませんが、関連させながら覚えていけば意外とできるものです。その年その年の傾向さえつかめば、あとは問題なくできると思います。

試験Ⅲ

試験Ⅲは最後に記述ありの長時間試験です。集中力を切らさないためにも傾向と対策は十分に必要です。日本語教師としてのスキルアップにもつながるような楽しい問題が多いのが試験Ⅲの特徴です。解きながら成長していきましょう。

記述(試験Ⅲ内)

試験Ⅲには上記の「試験Ⅲ対策」で述べた内容に加えて記述もあります。独学で試験対策をする場合、予想問題をたてにくいのではないでしょうか。明生では記述の上手な書き方と、予想される記述問題にしっかりと準備をしています。※平成30年度の記述問題は予想的中!

対策講座の授業時間

  • 1時間目 18:30~19:20
  • 2時間目 19:30~20:20

※受講者と講師全員の都合を鑑みて時間帯を早くしたり遅くしたりすることもございます。開講時に各担当とご相談ください。

対策講座の実地場所

明生情報ビジネス専門学校(7号館)

東京明生日本語学院

※講師や受講申込者の都合により多少前後する可能性があります。ご了承ください。

お申込みいただきまして、ありがとうございました

令和2年度の対策講座お申込みは下記人数となりました。

多数のお申込みどうもありがとうございました。

 

コース曜日回数状況

お申込み状況

新松戸校)

お申込み状況

(両国校)

記述①月曜

全3回

終了

6名
記述②

全3回

終了

記述③

全3回

終了

4名6名
試験Ⅰ・Ⅲ水曜全12回

終了

4名4名
試験Ⅱ①木曜

全6回

終了

2名6名
試験Ⅱ②

全6回

終了

6名
模擬試験金曜

全3回

終了

2名

11名

※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策の1つとして、互いの距離をおいての受講とさせていただいております。

そのため通常30名ほど入れる教室ですが、15名程度を定員とさせていただきます。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

各種資料はこちら

下記資料は令和2年度検定対策講座資料です。令和3年度につきましてはでき次第掲載いたします。

チラシ(A4タテ)

皆さまの受講をお待ちしております。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email